宮城の特別栽培米ササニシキ&ひとめぼれ。生産者直送でご家庭へお届けいたします。(有)N.O.A

ホーム 農場のご案内 特定商取引法に基づく表記

N.O.A(ノア) Farm
ct
ホーム
ノアのこだわり
農作業の様子
販売商品一覧
農場のご案内
農業リンク集

オンラインショッピング
年間購買のご案内
注文の流れ、支払、発送など

ノアスタッフによるブログ


有限会社 N.O.A (ノア)
お客様担当: 高橋伸
TEL:0220-34-3958
FAX:0220-34-5786
〒987-0623
宮城県登米市中田町宝江森字
6丁目34-2




ノアがどのようなところにこだわって米作りを行っているかご紹介いたします。

ササニシキを主体に作り続けています

現在コシヒカリと近縁関係にある品種の作付は、全国作付面積の約80%に及んでいます。(コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまちなど) 確かに現在ではひとめぼれが宮城の顔となっています。専業農家の減少と共に、手間がかかり、気苦労も多いササニシキの生産量も減少していますが「ササニシキだってコシヒカリに負けないくらい美味しい、美味しい米を作り続けよう」、「ササニシキを食べたいお客様がいる限り作り続けよう」という考えから私たちは、ササニシキを主体とした栽培をしています。

なぜササニシキにこだわるのか

ササニシキは登熟期が高温条件の際に品質が低下しやすい為、東北南部の特に宮城県を中心に栽培されています。宮城県は登熟期に関東以南のような高温とならないため品質、味も安定したササニシキが作れる数少ない地域となっていますがササシニキは、「いもち病」に弱い、倒伏しやすく発芽しやすい等「良食味」でありながら作りづらい点が多く、現在では全国の作付面積の1.2%しかササニシキは栽培されていません。そんなササニシキだからこそ、他の品種にはない美味しさを求めるお客様のために作り続けてきました。

まずは土づくりから

秋に収穫した稲から出る稲わらは、牛の餌となり、その牛から出る糞を熟成
させて、田んぼに散布します。その際にお米を精米したときに出る米糠も、
一緒に散布し、冬の間に地力をつけさせます。春には転作大豆からでるくず
豆も肥料として散布するなどして、田んぼで取れたものは田んぼに還元したい
と思い、出来るだけ化学肥料や農薬などに頼らない稲作をしています。
これが昔と変わらないお米の『美味しさの秘密』なのかもしれません。

農薬・化学肥料節減栽培米で農薬、化学肥料を必要最小限に抑えた米作り

・種籾の消毒、殺菌は薬剤を使わず温湯消毒のみ。
・農薬の散布はいもち病予防のための薬剤と、除草剤1回のみ使用。
・薬剤は使用時に、薬剤名、使用月日を記載いたします。
・追肥等は行いません。


ノアがどのようなところにこだわって大豆作りを行っているかご紹介いたします。

農薬・化学肥料不使用栽培

不使用栽培で一番厄介なのが雑草の被害で、品質や収量に大きな影響を与えます。圃場によって雑草の被害は異なりますが、栽培年数が経つほど雑草の被害は深刻です。そのため私たちは麦の刈り取り後の圃場に大豆の種を播くことで雑草の被害を少しでも抑えようと努力しています。(晩期栽培となるため密植栽培し、種も多めにまきます。)その他に、水稲とのブロックローテーション(圃場を2年〜3年回転させる)で雑草の被害を最小限に抑えることによって、良品質の農薬不使用栽培大豆を生産しています。

有機栽培への挑戦

3年以上、農薬と化学肥料を使用せずに栽培した圃場が認証されるJAS有機。
なかなかうまくいかない事もありますが、色々なニーズに応えるべく日々挑戦
しています。

ホーム | ノアのこだわり | 農作業の様子 | 販売商品一覧 | 農場のご案内 | 農業リンク集 | 個人情報の取り扱いについて | 特定商取引法に基づく表記

ササニシキ/ひとめぼれ/みやこがね/特別栽培米/宮城県/登米市/東北/農家直送/生産者直送/直売価格/農業/農場/もち米/大豆/タンレイ/大粒/おおすず/小粒